中3生はしっかり見ておこう! 平成27年度埼玉県公立高校入試における各高校の選抜基準が発表されました。

期末テストが終わり、いよいよ夏期講習が近付いてきました。今週ニュートン学院では確認テストを実施していますが、同時に夏休みに向けての復習宿題を出しましたので、とりわけ中学生は家庭での学習にも力を入れていることと思います。ほとんどの中3生が部活動の大会を終え、勉強に邁進できる環境が整いつつありますが、問題は「よし、やるぞ」といったやる気です。北辰テストに挑んだり、検定類に挑戦したり、学校説明会に参加することなどを通じて、少しずつモチベーションを高めていってほしいと思います。

7月2日に埼玉県は「平成27年度埼玉県公立高等学校入学者選抜における各高等学校の選抜基準」を公表しました。各高校が、みんなの通信簿や学力検査(入試のこと)の点数をどのように扱うかが分かります。中3生のみんなは、気になる学校のリンクを開いて、しっかり見ておきましょう! 

越谷北高校の選抜基準(平成27年度入試)

越谷北高校の選抜基準(平成27年度入試)

たとえば越谷北高校の選抜基準ですが、次のようなことが分かります。
◉学力検査・・・100点×5教科で500点
◉調査書(学習の記録)・・・1年:2年:3年は1:1:2 つまり180点満点
◉調査書(特別活動)・・・70点満点(部活動などの活躍)
◉調査書(その他)・・・20点満点(英検準2級・数検準2級・漢検2級以上)
◉第1次選抜・・・定員の6割は調査書を比較的重視した配点で選抜する
◉第2次選抜・・・定員の4割は学力検査を比較的重視した配点で選抜する

想像以上に入試は複雑だと思うかもしれませんね。
ただ、自分の持っているものが全て点数化されるわけですから、とてもクリアな入試とも言えます。部活動・生徒会での活躍や検定類の頑張りが何点くらい加算されるかは分からないのですが、今のところは、学力検査の点数を上げられるように目の前の課題をしっかりこなすことが第一です。そして、すでに1年2年の通信簿は変えようがないのですから、3年2学期の成績をできるだけ上げることを考えていけばいいのです。もちろん調査書はあくまで9教科を見られるわけですから、技能4科を軽視してはいけません。

少しは身の引き締まる思いがしましたか?
まずは出されている宿題をていねいにやることから始めましょう!