2016埼玉県公立高校の出願はじまる。志願者倍率速報!(2月22日現在)

埼玉県公立高校入試 願書提出はじまる

2016年度埼玉県公立高校入試の願書提出が始まりました。2月19日・22日が願書提出期間ですが、ほとんどの生徒が19日に手続きを済ませているでしょう。本日2月20日現在の志願者倍率をまとめてみました。

下の倍率一覧画像は2月22日現在のものに差し替えてあります。
倍率(2月22日現在)
「増減」は進路希望調査(12月15日現在)時点の希望者人数と比べて何人増えた(減った)かを表しています。

12月15日の進路希望調査時点の倍率が1.4倍を超える高倍率の学校からは志願者が多数移動していることがわかります。高倍率をさける心理は当然ですが中学校の進路指導がはたらいているのかもしれません。
市立浦和高校(2.59倍)からは133人
蕨高校(2.16倍)からは169人
大宮高校(1.99倍)からは110人
浦和西高校(1.87倍)からは65人
越谷南高校(1.75倍)からは97人
越ヶ谷高校(1.69倍)からは82人
川口高校(1.64倍)からは74人
が受験校を変更しています。

反対に1.3倍を下回る高校は受験希望者が増えていますが、これも当然の流れでしょう。

出願を2月22日に締め切った後、2月24日25日の志願先変更期間を経て、倍率は確定します。

出願の状況は
彩の国さいたま公立高校ナビゲーション
で公表されています。
上記リンクをクリック >「入学者選抜情報」>「一般募集志願者倍率情報検索」と進んでください。
「学校マップ検索」を使えば、高校の所在地から検索できて便利です。
普通科だけの一覧を見たい場合には「学校複合条件検索」を使うと良いでしょう。