9月3日より2学期の授業を開始します。

夏期講習の日程が終了しました。本日から2日間は、お休みした生徒のための振替授業、および、台風で中止となった中2の授業の振替を行なっていきます。

草加市の小中学校は明日8月29日が始業式、一足先に2学期の授業がスタートします。ニュートン学院は9月3日(月)より2学期の授業を開始します。夏休みの間に学んだことを基礎に中間テストや期末テストで大きく順位を上げてもらいたいと思います。

9月のスケジュール
  • 2日(日) 中3北辰テスト第4回
  • 3日(月) 2学期開講
  • 8日(土) 中3土曜講座スタート
  • 17日(祝) 敬老の日 休塾
  • 23日(祝) 秋分の日
  • 24日(振) 振替休日 休塾
  • 30日(日) 中3第5回北辰テスト

9月は北辰テストが2回行われる

9月2日に中3第4回北辰テストが実施されます。夏期講習で学んだことのすべてを発揮して中3生は頑張ってきてほしい。夏の勉強はすべてこの北辰テスト第4回のためにやってきたと言っても過言ではないのですから。ところで中3生は今月30日にも北辰テスト第5回を受験します。ハードなスケジュールとなります。

中3生対象 2学期の土曜講座は9月8日スタートです

中3生のみんなは、24日間の夏期講習を長時間よく勉強してきました。最後の8日間は1日8時間にものぼる学習を行いました。授業の中で、そして日々の宿題をこなす中で、暗記したこと、演習したことはまちがいなくみんなの頭脳に蓄積されたにちがいありません。夜遅くまで一生懸命に努力したことを是非誇りに思って下さい。そしてそれをバネとして、これから入試本番までの6ヶ月間、もうひと押しの学習にチャレンジしていきましょう。

実際に入試問題を解く演習

中3生のこれからの学習に不可欠なのは、未習事項の学習をこなすと同時に、実際に入試問題を解きながら、入試実践力をつける作業です。
夏休みに行った復習の内容を決して忘れないように、出来るだけ多くの入試問題を解き、知識の定着をはかる必要があります。と同時に、いかなる角度から問われても解答できる柔軟な対応力をきたえる必要があります。そのためには1・2年内容の地道な再復習の課題をこなすことが必要です。正直なところ中3生全体、応用力という点ではまだまだ弱い面があります。ですが、夏期講習を通じて生徒の一人一人が感じていることだとは思いますが、つらいけれども、努力した分だけ問題は解けるようになるのです。例えば歴史年号の160個を覚えることを最初みんなは不安がっていましたが、ほとんど全員が覚えきったではありませんか! まだまだ成績は伸ばせるのです。

入試までのカウントダウンをはじめよう

ニュートン学院では、9月8日から冬期講習までの期間、毎週土曜日に新たな「合格講座」を開催し、受験生諸君の実力アップをはかっていきたいと考えます。志望校の合格を確実にするために、もうひと押しの努力を自分に課してみて下さい。公立高校の入試まであと183日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください