Leptonこども英語は春の入会キャンペーン実施中です。

lepton英語春のキャンペーン

lepton
2018年度より小学校での英語授業が正式な教科としてスタートします。
小学生の英語学習に関心のある方にLepton(レプトン)英語をご紹介します。

2020年大学入試改革とその後に来る新学習指導要領の実施は戦後日本の教育を大きく転換する起爆剤になろうとしています。英語について言えば、2020年に小学校で次期学習指導要領が全面実施されると小3から小6までに600〜700単語、さらに2021年に中学で新学習指導要領が実施されると中1から中3で1600〜1800単語を学習することになります。小中あわせて2200〜2500語。現行の中学で習う英単語が1200単語ですから、単語数は約2倍になります。その点だけでも今回の教育改革の本気度が推して測れます。高校での英語授業は原則英語のみで行われ、「書く・話す・聞く・読む」の4技能で個々人の能力は測られます。

英語は入試のためのたんなる「科目」ではなく、グローバル社会を生き抜くために身につけるべき現実的な「技能」と考えるべきです。レプトンによる小学生からの体系だてたトレーニングが力強い基礎を作りあげると思います。歌ったりゲームをしたりする英会話スクールとは一味違った授業となりますが、あらゆる英語教材・システムの中から生徒のみなさんに自信を持ってお勧めできるものをご用意しました。

Leptonとは

Lepton(レプトン)はいつからでも、どのレベルからでも始められる個別指導型の子ども英語教室です。「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能の総合学習により、小学生からコミュニケーション英語力習得を教育目標として掲げています。
lepton ロードマップ
レッスンでは、自立学習向けに独自開発した、入門~上級レベル全81冊のネイティブ音声CD付きテキストを使用します。
受講生一人ひとりの習熟度に合った選択が可能で、幼稚園や小学校低学年からでも始められるよう、豊富なカラーイラストに加え、チャンツ(歌)や、ぬり絵、切り絵といった工作的な課題も盛り込むなど、楽しみながら学べる工夫を凝らしています。

特長1 「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランス良く学べる

英語4技能
ネイティブの音声を聞いて発音し、発音した単語をくり返し書いて覚える。覚えた単語を使って英文を読み、読んだ内容を理解しているか、英語で質問に答え確認する。このように「聞く」「話す」「読む」「書く」を総合的に学習しますので、TOEIC®・TOEFL®対策にも有効です。

英語は、水泳やピアノと同じ技能教育です。水泳もピアノも、基本の型をくり返し練習して身につければ、あとは自由に泳げるように、弾けるようになります。英語も一定の基本を体で覚えることで、一生使える技能になるのです。

特長2 個別・自立学習だから、自分のペースで好きなだけ、がんばれる

一人ひとりが、自分に合ったペースで進められますので、どんどんわかるようになります。わかれば学ぶことが楽しくなり、楽しいから好きなだけがんばれます。がんばるたびに褒められれば、やる気も倍増です!
leptonのレッスン風景
1回のレッスンは60分(※)です。自立学習で進めるテキストは、学習時間10分程度の短い単位で区切られ、学習内容が変化します。そして1つの単位を終えるたびに、先生が一人ひとりの理解度を確認します。これは、小学生が学習に集中できる時間が短いからです。

特長3 いつでも、どのレベルからでも始められる

お子さまの習熟度に合わせたテキストで学びます。英語を初めて学ばれるお子さまを含め、どの英語レベルのお子さまでも大丈夫です。独自開発した81冊のテキストを使い、小学生のうちに、日常生活に必要な7000以上の英単語・会話表現を習得します。CDを活用し、ネイティブの正しい発音を身につける一方、日本語で文法の学習も行います。
lepton教材

春の入会キャンペーンを実施中です

春の入会キャンペーンを実施します。
3月1日から3月31日に入会の方には、初月授業料と入会金(17,280円)を免除いたします。この機会をどうぞご利用ください。
lepton英語春のキャンペーン

ニュートン学院では、子ども英語教室Leptonの説明会を随時行っています。
どうぞお気軽にお越しください。
お申し込み・お問い合わせ・資料請求はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください