[スコラ通信001] 書く・記録する習慣をつけよう

スコラ通信001

スコラ通信発行
ニュートン学院ではすべての生徒にNOLTYスコラ手帳を配布し、部活や学習などの生活の記録をつけさせています。3月下旬に配布した2018年度のスコラ手帳には昨年以上に細かく具体的な記入ができるようになってきました。昨年から手帳をつけている生徒にとっても、今年初めて手帳をつける生徒たちにとっても、工夫のしどころは無限にあり、勉強時間や部活の時間、あるいは睡眠時間の集計をしてみたり、部活の練習メニューを記録したり、文字ではなく漫画で1日を表現してみたりと、個性あふれる手帳が生まれてきました。1日の終わりに、その日1日の自分の生活を思い出し記録するという単純な作業ですが、習慣化するためには一定の日数が必要です。でもその一時期を過ぎれば、手帳を開くことは苦ではなくなり、書くことに自由になります。

より高度にスコラ手帳を活用することができるように、[スコラ通信]を発行することに決めました。基本的なところから応用まで、さまざまなtips(秘訣)を紹介していこうと思っています。生徒に配布する[スコラ通信]は本ブログ上にアップします。
本日はその1回目。書く・記録する習慣をつけようです。
スコラ通信001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください